商標「直虎」の登録維持決定

Pocket

 

マーくん

 

 

こんにちは!

 

 

 

 

いきなりですが、皆さんは、「知財判決・審決データベース」をご存知ですか?

アスタミューゼ株式会社のHP上で利用できる、商標等の判決・審決を検索するためのとても便利なデータベースです。

 

商標審決データベース リンク

http://shohyo.shinketsu.jp/

 

ちなみに、上記HPからメルマガ登録をすると、ほぼ毎日、新着判決・審決速報をメール配信してくれます。僕も登録していて、通勤途中などにスマホでよく新着審決を読んでいます。

 

今朝ものんびりと電車に揺られながらメールチェックをしていると、新着商標審決メールが届いていました。そしてその中に、以前ご紹介した「直虎」の商標についての決定が載っていました。

すでにニュースで、維持決定がなされたことは知っていたのですが、まだ審決を読んでいなかったのでさっそくチェックしました。

 

決定では、「直虎」が歴史上、「井伊直虎」の他に「鍋島直虎」「堀直虎」の2名が確認できるため、「直虎」の文字が「井伊直虎」を表すものとして特定されることができないという点が指摘された上で、証拠によって「直虎」の文字が、本件商標の登録査定時に、「井伊直虎」の名を表すものとして、日本国内において、広く一般に知られたものであるということはできない旨、判断されていました。

 

仮に、登録査定時に、すでにNHKの大河ドラマが何話か放送されていて、直虎が注目されていたというような事情があれば、また判断は変わっていたかもしれません。

 

異議申立人の浜松市及び浜松商工会議所としては残念な結果だったと思いますが、すでに浜松市は町おこし用のロゴマークを商標登録し、広く使用させているようですので、町おこしへの影響は大きくないのではないかなぁと思います。

http://hamamatsu-daisuki.net/naotora/mark/

 

マスコットキャラクターも可愛らしいですし、これからも町おこしで浜松市がどんどん盛り上がっていくといいですね!

 

Comments are closed.

Powered by WordPress. Theme by Arinio