出願は2つ必要?

Pocket

 

弁理士 清水

こんにちは、清水です。

私、先日子供の運動会で、会場にどよめきと笑いを提供してしまいました。

今は、そのシーンが幼稚園の運動会のDVDで使われないことを祈るのみです。

 

さて、本日の話題は私が自宅の掃除をしながらふと気になったことです。

花王㈱さんの商品で「トイレクイックル」というトイレ用お掃除シートがあります。

 

あくまでも私の頭の中での話ですが、「『トイレクイックル』」という商標を出願したい」というご相談を受けた場合、出願商標は「トイレクイックル」がいいのか、「クイックル」の方がいいのかということを考えてしまいました。

 

トイレ以外の用途のお掃除シートにも「クイックル」という商標をつけるのであれば、当然「クイックル」のみがいいですよね。

「クイックル」が指定商品「掃除用具」で商標登録になれば、「トイレ」の部分を変えて、「台所用クイックル」や「窓用クイックル」など広く使える可能性がありますよね。

 

では、「トイレクイックル」は出願しなくてもいいのか?

う~ん、「出願不要です。」と即答はできないですね。

・「トイレクイックル」と「クイックル」は非類似の商標と言い切れるのか?

・実際に使用する際は、「トイレ」と「クイックル」を二段で使うのか、それとも一段併記なのか?

など色々考えてしまいます。

 

ここは既に登録になっている商標なので、「花王さんのお知恵を拝借しよう!」と思い「クイックル」を含む商標をJ-plat patでチェックしてみました。

まず、第21類「清掃用具」で「クイックル」(登録No.2184431)が登録されていました。

次に、「トイレクイックル」の登録商標は見つからなかったのですが、第21類「床用清掃用具」で「フロアクイックル」(登録No.4382717)の登録商標がありました!

 

なぜ「フロアクイックル」は出願されたのか気になりますね~。

出願当時(平成11年)、「フロア」は「床」を意味する語として一般的ではなかったのか、気になる先行商標があったのか等、さらに考えてしまいます。

 

今回は、花王さんの「トイレクイックル」を題材に使わせていただきましたが、皆さんから実際にご依頼いただいたときもこのようなことを考えながら出願商標を提案しております。

そのため、ご依頼いただくときは、将来的な話も含めて色々聞かせてくださいね。

Comments are closed.

Powered by WordPress. Theme by Arinio