タイが99番目のマドプロ加盟国になりました

Pocket

2017 年8 月7 日、タイ政府は世界知的所有権機関(WIPO)の事務局長にマドリッドプロトコル(マドプロ)への加入書を寄託し、これにより、タイは99 番目のマドプロ加盟国となりました(2017年11月7日発効)。

 

タイ マドリッド制度へ加盟(特許庁HPより)

http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_shouhyou/kokusai/madopro_thailand.htm

 

これで国際登録出願の際にタイを指定できるようになります!

 

国際登録出願とは、マドリッド協定議定書(及びマドリッド協定)に基づく商標の国際登録を求める出願のことです。国際登録はスイスのジュネーブにあるWIPOが国際事務局として管理しています。

具体的にどのような制度かというと、マドプロ加盟国の中から、権利を取得したい国(指定国)を指定して国際登録出願することで、複数国に同時に商標登録出願するのと同じ効果を得ることができるという制度です。

更新期限日が全ての国で同じになり、全ての国について国際事務局へ更新料を納付すればよいので、管理がしやすいというメリットがあります。

もっとも、マドプロに加盟していない国については、当然ながらこの制度を利用できません。

つまり、その国に直接出願するしかないのです。

 

ちなみに、タイはこの度の加入書で、暫定拒絶通報の通知期限を18ヶ月とする宣言をしています。もし、18ヶ月以内に暫定拒絶通報が通知されなければ、自動的に商標は登録となります。

 

また、弊所と取引のあるタイの特許事務所から、「加盟前の国際登録に基づく事後指定は可能」との情報を得ております。

すでに国際登録された商標をお持ちの方は、ぜひタイへの事後指定もご検討下さい。

 

Comments are closed.

Powered by WordPress. Theme by Arinio