インドネシアが100番目のマドプロ加盟国になりました

Pocket

2017 年10月2日、インドネシア政府は世界知的所有権機関(WIPO)の事務局長にマドリッドプロトコル(マドプロ)への加入書を寄託し、これにより、インドネシアは100 番目のマドプロ加盟国となりました(2018年1月2日発効予定)。

 

インドネシア マドリッド制度へ加盟(WIPOのHPより)

http://www.wipo.int/madrid/ja/news/2017/news_0020.html

 

これでタイに引き続き、国際登録出願の際にインドネシアを指定できるようになります!

タイが99番目のマドプロ加盟国になりました 参照

 

100番目だなんて、とても切りが良いですね!

記念すべき加盟となりました!

ASEAN諸国、全10カ国の中では8番目の加盟です。ちなみに、未加盟の2カ国はマレーシアとミャンマーです。

近年、商標登録の需要が高まっているASEAN諸国の加盟は、とても歓迎すべきことですね!マレーシアとミャンマーにも早く後に続いてもらいたいものです。

 

なお、記事によると、インドネシアはこの度の加入書で、暫定拒絶通報の通知期限を18ヶ月とする宣言をしています。そのため、もし、18ヶ月以内に暫定拒絶通報が通知されなければ、自動的に商標は登録となります。

 

また、弊所と取引のあるインドネシアの特許事務所から、「加盟前の国際登録に基づく事後指定は可能」との情報を得ております。

すでに国際登録された商標をお持ちの方は、ぜひインドネシアへの事後指定もご検討下さい。

Comments are closed.

Powered by WordPress. Theme by Arinio