所長ごあいさつ

~はじめの第1歩で勝負が決まる~

弁理士法人アスフィ国際特許事務所

所長・弁理士 植木 久彦

続きを読む

当事務所のホームページをご覧くださりありがとうございます。代表者ごあいさつに向く内容かどうか分りませんが、私が特許実務に関して大切にしているポイントのお話をさせて頂きます。

特許の出願件数は年間で30万件弱ですが、成立特許に対する異議申立件数は約1300件(※1)です。つまり、異議を申し立てられる程度に他社に影響している発明の割合はたったの0.4パーセントということです。少な過ぎると思いませんか?
異議申立が少ないのは、成立する特許の権利範囲が狭いことが大きな原因だと考えています。個々には、特許を成立させるためには狭くせざるを得ない事情がもちろんあるのですが発明公開に対するインセンティブとして本当にこれで良いのでしょうか。

世界最速の審査(※2)を目指す特許庁審査官が出す拒絶理由通知書には、新規性、進歩性、サポート要件、実施可能要件、明確性などの拒絶理由が並べられています。これに対峙する関係者(弁理士、企業の知財担当者)は特許を妥当な範囲に狭めつつ特許査定に向けて反論を試みます。”妥当な範囲”を予測/判断/解決できるようになることを世間では「専門性が身に付く」と言っています。ところがこの専門性は、他社影響力のある特許の取得に関して時にマイナスに働く場合があります。なぜならこの専門性は過去に経験したような拒絶理由にできるだけ遭遇しないように、知らず知らずのうちに発明を”妥当な範囲”にドライブしている可能性があるからです。

加えて、特許庁には「特許審査に関する品質ポリシー」(※3)というものがあるのをご存知でしょうか。そこには、「強く・広く・役に立つ特許権を設定します: 特許庁は、グローバルな知的財産保護を支援すべく、後に無効にならない強さと発明の技術レベルや開示の程度に見合う権利範囲の広さを備え、世界に通用する有用な特許権を設定します」とあるのです。『後に無効にならない強さ』を付与するためには特許請求の範囲をそれ相応の安全圏にまで狭くさせなければ実現できません。つまり、審査自体に特許の範囲を狭めにするバイアスがかかっているのです。そして特許出願の関係者はバイアスの掛かった拒絶理由通知書によって経験を積み、そのような経験をベースとして出願戦略(はじめの第1歩)に取り組んでいるとすれば、異議申立の割合が全体の0.4パーセントということもうなずけてしまうのです。弁理士の専門性は出願後に存分に発揮すれば良いのです。出願前に行なう出願戦略の策定に関しては弁理士試験には一切出てきませんし法律もありません。弊所が、はじめの第1歩を的確にコンサルティングできる弁理士の育成を重視している理由はここにあります。顧客の皆様が競合他社に対して優位に立つことが我々の成果であり喜びです。

コラム:発明企画

私たちは普段考え事をするとき、課題に直面したとき、「何をしようか(what)」、「どのようにしようか(how)」についてはよく考えます。それは、専門職の専門職たる所以なのかも知れません。しかし、whatやhowから得られる成果は、与えられた課題のスケールを大きく超えるものではありません。スケールを超えるためには、「なぜそれをするのか(why)」について常に立ち返って考えることが必要だと考えています。つまり専門職は細部にまで目を行き届かせることは使命の一つである一方、知的財産権を取得する理由(why)を、「ライバル企業に経済的に勝つ」ことに常に置いておく必要があるのです。

このような観点では、知的財産権は概ね次の2つのタイプに分類できます。

[タイプA](what/how 出発型)

ステップ1:発明者のアイデアから、専門知識を活かしてできるだけ広い権利を取る。
ステップ2:取れた権利の使い道を考える。

[タイプB](why 出発型)

ステップ1:権利を活用している場面とライバルを想定する。
ステップ2:その活用実現のために必要な発明を企画する。

タイプA(what/how)は専門職の基本型であったのかもしれませんが、今後ライバル企業に経済的に勝つためには、what/howに焦点を当てるアプローチ、つまり専門力の発揮だけでは目的に対して手段が不足すると思うのです。
なぜ(why)、目の前のその仕事をしているのか? Whyに焦点を当ててスケールを超える結果を出す。そのために身に付けたい力は、専門力以外のところにも沢山ありそうです。

事務所概要

名称弁理士法人アスフィ国際特許事務所
所在地〒530-0001  
大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル 12階
7月中旬まではこちら
設立1972年
代表植木 久彦
所員数35名
弁理士・特許技術者…20名、
特許事務…13名、その他…2
※2024年1月現在
沿革
  • 1972年 3月
    植木久一が植木特許事務所を設立
  • 1974年 10月
    業務拡大のため事務所を大阪・堂島に移転
  • 1996年 4月
    他事務所と合併
  • 2004年 5月
    アスフィ国際特許事務所を堂島に設立
  • 2018年 8月
    法人化
  • 2022年 11月
    弁理士法改正により名称を「弁理士法人アスフィ国際特許事務所」に変更

交通アクセス

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル 12階
7月中旬まではこちら

アスフィの知財戦略へページ遷移します。

アスフィの
知財戦略

発明を特許に育てるだけでなく、
ライバル企業に勝つための戦略プランをご提供します。

弁理士紹介へページ遷移します。

弁理士紹介

各技術分野に精通した弁理士が
依頼者様のアイディアや発明を効果的に保護します。